HN、しめさば  北海道在住の毒男。どーでもいいことをツラツラと書き連ねます。 ↑イラストはモリタケンゴ様提供 ありがとうございます。


by mackerel4me

食虫植物

パソコンのトラブルもひと段落したので
食虫植物を買ってみた。ついでにコーヒーの木も買ってみた。
d0073643_10362250.gif

コーヒーの木はご覧のように豆から発芽したばかりの幼木で
非常にかわいらしい。
最終的には1メートルぐらいには育つようで、
目標はそれから一杯分の豆を収穫し
コーヒーを飲んでやろうというわけだが、室内とはいえ、
はたしてこの寒い北海道の地で育つのであろうか。

食虫植物は皆さんも一度はよく目にしたことはあろう、
二枚のトゲ付フタでバチンと虫を挟んでとらえるタイプの
やつである。
これから夏をむかえるにあたって、増えてくる蚊や
蝿などに対するパッシブな駆除効果を期待して導入してみた。




コーヒーの木は調べてみると
育成自体はさほど難しくないようで、普通の観葉植物と
おなじ感覚でよいようだ。ただ、若干寒さに弱いらしく、冬には
ごっそり葉が落ちてしまうこともあるようだが
状態が回復すれば再び葉を茂らせてくれるようである。
用土は赤玉土7:腐葉土2:ピートモス1というありきたりな
配合で良いようなのでさっそく鉢を一回り大きいものに
植え替えた。店で売られている鉢は見た目は小ぶりで
洒落ているのだがすぐ根詰まりを起こしそうである。
水遣りは表面の用土が乾燥したときにたっぷりやるのが
よかろう。肥料は観葉植物用の固形タイプのものを
一粒、土の上に置いた。


食虫植物ハエトリグサのほうだが
熱帯性植物のイメージがあったんだが
調べてみると意外なことに日本と同じ寒暖の差が激しい
北米地域原産のようで、これならば普通に日本の気候にも順応し
室内で育てる分には温度管理はほとんど気にしなくてよいだろう。
湿度の高めの環境のほうが良いらしいが、本州のように湿度が
もともと高い地方なら何ら心配はないと思われる。乾燥している
北海道だとわからないが....
ハエトリグサはよく買われては思うように育てられず
枯らしてしまう植物のひとつではあったのだが、なるほど、
見た目のイメージから南方の熱帯植物同様に水苔に植えられ、
水をジャバジャバ与えられては根が腐り枯らしてしまう
繰り返しではなかったろうか。
要は湿度は欲するが土中は水はけが良い環境であれば
良いのである。
肥料も不要のようで、むしろその為に捕虫葉が発達したと
みてよいだろうから追肥元肥料は不要である。
という訳で早速植え替え。
店売りの鉢では用土代りに水苔であった。
しかも鉢の底に穴がないので
余分な水分は流れていかない。
このハエトリグサに関しては水はけと酸性度の維持を目的に
鹿沼土6:パーライト3:ピートモス1という配合でやってみた。
排水性が良いので毎日の水やりは欠かせないが....
[PR]
by mackerel4me | 2008-06-15 11:30 | アクア&グリーン